胃薬の意外な副作用

2019年05月11日
薬を持っている男性

仕事の環境や職場の人間関係などによって、日ごろからストレスを多く感じる、というライフスタイルの方も多いのではないでしょうか。
そのような場合には、胃薬を毎日のように服用してしまうというケースもあるものですが、実は胃薬には思わぬ副作用があることをご存知でしょうか。
たいていの胃薬の中には、胃酸を抑える働きを持っている、プロトンポンプ阻害薬、またヒスタミンH2受容体拮抗薬などが含まれている事が多いのですが、それによりカルシウムの吸収を妨げるという作用があります。
そのため、骨粗しょう症になりやすいというデータも発表されており、骨折などを起こしやすいという事になるのです。
しかしそれはすぐに引き起こされる訳では無く、副作用が実際に出てくるには長い期間にわたって服用をしている事によります。
ですから時々胃腸薬を服用するというだけでは、骨粗しょう症になるかもしれないというリスクが倍増するわけではないのです。
しかしながら、それほど頻繁ではなくてもいつも胃薬をのみ続けると言う事をしていると、だんだんと胃の働きが悪くなってしまうという事が危惧されるために、勝手に市販の胃薬などを服用し続けるのは良くありません。
あまりにも日ごろから胃痛に悩まされているという方には、素人判断をしてしまうのではなく1度お医者さんに相談をしてみる事をおすすめします。
まずは普段の食生活を見直してみること、またどうしても我慢出来ないという胃痛の時以外には、胃薬を服用しないというような事を心掛けてみましょう。
暴飲暴食などをしないように気を付けるだけでも、胃に負担を掛けないことに繋がるために、随分と胃の調子が良くなってくるものなのです。

関連記事
妊娠初期の胃薬などの服用や人間ドックの受診について

妊娠中の胃薬などの薬物の服用で注意が必要となるのは、4週から12週目頃といわれています。この時期に胎児の体の主要器官である心臓や手足、そして中枢神経が形成されるからです。ただし妊娠初期の時期に飲んでしまった胃薬や風邪薬で胎児への影響を与えてしまう成分を含んだ薬はほとんど無く、特に市販の薬は病院で処方

2019年10月13日
内視鏡検査で呑気症が見つかったら胃薬を選ぶ

呑気症とはストレスなどの精神的な要因によって唾液とともに空気を飲み込み胃に大量に空気が入り込んでお腹が張ったりげっぷやおならが異常に排出される状態のことです。時には不快感や痛みが出ることもあります。通常でも食事の時に空気を多少飲み込みますが、呑気症の場合は食事や飲み物を飲むときに無意識に大量の空気を

2019年09月16日
様々な胃痛のケアにお勧め!スクラートの胃薬

胃の痛みといっても症状は様々です。空腹時などに「キリキリ」と痛む場合、ストレスなどで胃の粘膜がダメージを受けている恐れがあります。また、食べ過ぎや飲み過ぎによる胃痛は、「もやっ」とした重い痛みを感じるケースが多いようです。このように、胃の不快な症状は起こる原因も、症状の感じ方も様々です。すぐに胃痛を

2019年08月20日
内視鏡検査で異常無しの呑気症は胃薬で改善できる?

「お腹が張って苦しい」、「食欲が出ない」、「胃に痛みを感じる」といった不調を感じる事が多い場合、もしかしたら「呑気症」を発症しているかもしれません。この病気は日本人の8人に1人が発症していると言われており、特に20代から50代の女性に多いという特徴があります。胃の痛みや不快感がある場合、多くの病院で

2019年07月09日
オナラと胃捻転、胃薬との関係

胃捻転は、胃が正常な状態や位置になく胃がねじれてしまっている状態のことです。人間の場合には、乳幼児に発生しやすいものですが大人でも発生するリスクがゼロというわけではありません。胃捻転の種類としては、胃の短径を軸とする短軸捻転と長径を軸とする長径捻転があり、多くの場合には短軸捻転となります。原因として

2019年07月26日