• ホーム
  • 様々な胃痛のケアにお勧め!スクラートの胃薬

様々な胃痛のケアにお勧め!スクラートの胃薬

2019年08月20日

胃の痛みといっても症状は様々です。
空腹時などに「キリキリ」と痛む場合、ストレスなどで胃の粘膜がダメージを受けている恐れがあります。
また、食べ過ぎや飲み過ぎによる胃痛は、「もやっ」とした重い痛みを感じるケースが多いようです。
このように、胃の不快な症状は起こる原因も、症状の感じ方も様々です。
すぐに胃痛を解消したいという場合、市販の胃薬を活用してみましょう。
ドラッグストアで手に入れる事ができる市販の胃薬は、手軽に購入できる点が魅力です。
手に入れやすいというだけでなく、胃の痛みを改善する作用を持つ成分も、しっかりと配合されています。
色々な市販薬がある中で、特にお勧めなのがスクラートの胃薬です。
スクラートの胃薬には、「スクラルファート」という有効成分が含まれています。
胃痛は胃の粘膜が傷ついたり、炎症を起こす事で感じやすい症状です。
スクラルファートはダメージを負っている部分や、炎症を起こしている部分をピンポイントにケアしてくれます。
胃粘膜がダメージを負っている部分は、血液由来のタンパク質でプラスイオンになっていると言われています。
一方、スクラルファートは胃酸に触れる事でマイナスイオンに変化する成分です。
プラスとマイナスは引きあう性質を持っている為、スクラートの胃薬は、胃粘膜の患部を素早く選んで、まるで絆創膏を貼るような感じで、胃粘膜の保護・収縮を行います。
このように、ダメ―ジを負っている部分を、ピンポイントでケアしてくれる成分なので、素早く胃痛を改善したいという方にお勧めです。
このタイプの胃薬は、空腹時に飲むとより効果を発揮します。
鞄の中に常備していれば、外出先で痛みを感じても、すぐに対応できるでしょう。

関連記事
胃が重い神経障害には胃薬よりもメラトニンが役に立つ

胃が痛いときに飲むのが胃薬であり、胃薬の効果はお酒や唐辛子などの刺激物や風邪の菌などの細菌によって胃の組織が炎症を起こしているときに荒れた粘膜を修復することで痛みを軽減させるものです。しかし胃が痛いのは胃内部の組織が痛んでいることで発症しているのですが、先に言った刺激物や細菌感染による炎症だけが原因

2019年11月15日
妊娠初期の胃薬などの服用や人間ドックの受診について

妊娠中の胃薬などの薬物の服用で注意が必要となるのは、4週から12週目頃といわれています。この時期に胎児の体の主要器官である心臓や手足、そして中枢神経が形成されるからです。ただし妊娠初期の時期に飲んでしまった胃薬や風邪薬で胎児への影響を与えてしまう成分を含んだ薬はほとんど無く、特に市販の薬は病院で処方

2019年10月13日
内視鏡検査で呑気症が見つかったら胃薬を選ぶ

呑気症とはストレスなどの精神的な要因によって唾液とともに空気を飲み込み胃に大量に空気が入り込んでお腹が張ったりげっぷやおならが異常に排出される状態のことです。時には不快感や痛みが出ることもあります。通常でも食事の時に空気を多少飲み込みますが、呑気症の場合は食事や飲み物を飲むときに無意識に大量の空気を

2019年09月16日
内視鏡検査で異常無しの呑気症は胃薬で改善できる?

「お腹が張って苦しい」、「食欲が出ない」、「胃に痛みを感じる」といった不調を感じる事が多い場合、もしかしたら「呑気症」を発症しているかもしれません。この病気は日本人の8人に1人が発症していると言われており、特に20代から50代の女性に多いという特徴があります。胃の痛みや不快感がある場合、多くの病院で

2019年07月09日
オナラと胃捻転、胃薬との関係

胃捻転は、胃が正常な状態や位置になく胃がねじれてしまっている状態のことです。人間の場合には、乳幼児に発生しやすいものですが大人でも発生するリスクがゼロというわけではありません。胃捻転の種類としては、胃の短径を軸とする短軸捻転と長径を軸とする長径捻転があり、多くの場合には短軸捻転となります。原因として

2019年07月26日