• ホーム
  • 内視鏡検査で異常無しの呑気症は胃薬で改善できる?

内視鏡検査で異常無しの呑気症は胃薬で改善できる?

2019年07月09日
薬を飲む男性

「お腹が張って苦しい」、「食欲が出ない」、「胃に痛みを感じる」といった不調を感じる事が多い場合、もしかしたら「呑気症」を発症しているかもしれません。
この病気は日本人の8人に1人が発症していると言われており、特に20代から50代の女性に多いという特徴があります。
胃の痛みや不快感がある場合、多くの病院では「内視鏡検査」を行います。
胃炎や胃潰瘍などがあれば、すぐに内視鏡検査で発見する事ができますが、呑気症の場合、内視鏡検査を行っても「問題無し」と診断されるケースが多いようです。
この病気は空気を一気に飲み込む事で、胃のハリ感は胃痛などを感じる病気です。
消化器官に問題は起こらない為、検査をしても異常は無いと診断されてしまいます。
食事のスピードが速いと、その分空気を多く吸い込んでしまう為、胃の不快な症状を感じやすくなるようです。
また、ストレスでつばを飲む込む回数が多い、無意識に歯を食いしばるといった行為も、お腹に空気を溜めやすい為、注意しましょう。
胃の不快感を解消する為に、市販の胃薬を活用する方も多いようですが、呑気症も胃薬で改善できるのでしょうか?
市販の胃薬の中には、お腹の中に溜まった空気やガスを潰す作用を持つ製品があります。
このようなタイプの胃薬を服用すれば、一時的にハリ感や胃痛を改善できるかもしれません。
ですが、ストレスなどで空気を飲み込んでしまう場合、市販薬を飲んで1度は改善しても、また不快な症状は現れます。
市販薬を服用しても、あまり改善が見られないという場合や、やはり専門の医療機関で治療を受ける事がお勧めです。
また、市販薬の中には呑気症の症状を悪化させてしまうタイプもあるので、購入する際は薬剤師に症状を説明し、自分にあった胃薬を選ぶようにしましょう。

関連記事
妊娠初期の胃薬などの服用や人間ドックの受診について

妊娠中の胃薬などの薬物の服用で注意が必要となるのは、4週から12週目頃といわれています。この時期に胎児の体の主要器官である心臓や手足、そして中枢神経が形成されるからです。ただし妊娠初期の時期に飲んでしまった胃薬や風邪薬で胎児への影響を与えてしまう成分を含んだ薬はほとんど無く、特に市販の薬は病院で処方

2019年10月13日
内視鏡検査で呑気症が見つかったら胃薬を選ぶ

呑気症とはストレスなどの精神的な要因によって唾液とともに空気を飲み込み胃に大量に空気が入り込んでお腹が張ったりげっぷやおならが異常に排出される状態のことです。時には不快感や痛みが出ることもあります。通常でも食事の時に空気を多少飲み込みますが、呑気症の場合は食事や飲み物を飲むときに無意識に大量の空気を

2019年09月16日
様々な胃痛のケアにお勧め!スクラートの胃薬

胃の痛みといっても症状は様々です。空腹時などに「キリキリ」と痛む場合、ストレスなどで胃の粘膜がダメージを受けている恐れがあります。また、食べ過ぎや飲み過ぎによる胃痛は、「もやっ」とした重い痛みを感じるケースが多いようです。このように、胃の不快な症状は起こる原因も、症状の感じ方も様々です。すぐに胃痛を

2019年08月20日
オナラと胃捻転、胃薬との関係

胃捻転は、胃が正常な状態や位置になく胃がねじれてしまっている状態のことです。人間の場合には、乳幼児に発生しやすいものですが大人でも発生するリスクがゼロというわけではありません。胃捻転の種類としては、胃の短径を軸とする短軸捻転と長径を軸とする長径捻転があり、多くの場合には短軸捻転となります。原因として

2019年07月26日
世界保健機構は胃薬として漢方薬を勧めている

現代人に胃の不調を訴える人が多い傾向にあるわけですが、それは現代の社会現象となっています。私たちを取り巻く環境が、非常に複雑化してきていることから考えられることであります。その影響は職場や家庭において常に起こることとして、胃痛や胸やけといった胃の不快感を覚える人が増えているのです。胃痛や胸やけを抱え

2019年06月10日